So-net無料ブログ作成
2013年 山 ブログトップ

赤岳(2/2) [2013年 山]

2013110115200000.jpg2013110115210000.jpg2013110115210001.jpg2013110115220000.jpg2013110115240000.jpg2013110115240001.jpg2013110115250000.jpg2013110115250001.jpg
甲斐大泉駅近くの「パノラマの湯」に入って帰った。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

赤岳(1/2) [2013年 山]

2013110115070000.jpg2013110115080000.jpg2013110115080001.jpg2013110115090000.jpg2013110115100000.jpg2013110115110000.jpg2013110115120000.jpg2013110115120001.jpg2013110115130000.jpg2013110115140000.jpg
2013年10月31日(木)
自宅(レンタカー予約4時)〜0715大門沢林道入口0725〜0810賽ノ河原〜0900牛首山0910〜1125赤岳山頂1200〜1325大天狗〜1415小天狗〜1445県界尾根取付点〜1515大門沢林道入口〜2000自宅

天候/晴れのち曇り
気温(野辺山)/2.7℃(7時)、12℃(13時)

服装
行動中はヒートテック、フリース、タイツ、コロンビア(厚手)。山頂でノマドを重ねた。
オレンジ、ライトダウンを持参したが不要だった。帽子も被らず。手袋は岩場などではめた。

食事
朝はバナナ2本、途中でオニギリ1、山頂でカップラーメン、行動中にあんず。

費用
レンタカー7500円
ガソリン3000円
高速料金5350円
パノラマの湯700円

その他
天気が良さそうなので、今年最後と思い赤岳へ。

歩き始めて間もなく県界尾根側から真教寺尾根へ移るルートに入る。標識は立派だが、予想外に踏み跡が不明瞭で斜面途中で道を見失った。見上げると20mほど上に尾根があるので、そのまま直登して尾根に乗る。
それが真教寺尾根だと分かっていたから直登したが、本当にロストした場合は尾根じゃないこともある。そうなると引き返すのも嫌になり、本格的に迷うことになる。

時間をロスしたが、思いのほか早く牛首山に到着。まだ赤岳は彼方だが、緩やかな尾根を辿ると直下の急登までほどなく着く。
岩場には要所に鎖が設置されていたが、特に危険はない。

息を切らせてやっと山頂に立つと、八ヶ岳を北に南にと見渡せる。雲を突き抜けた富士山も見えた。

ラーメンを食べて早々に下りる。直下は鎖のない箇所に積雪があると登山客に聞いたので、赤岳展望荘に下りて巻き道で県界尾根に向かった。
下りの凍結した鎖場で一度滑った。

尾根がなだらかになった頃に沢へ下りる分岐があったが、今はほとんど使われていないと思う。

小天狗から県界尾根取付点に下りる時に左足親指の外側がさらに痛くなった。あと2、3時間歩けば水脹れになったかもしれない。下りでは靴紐をきつく絞め直さないと。

初めは美濃戸から入ろうとしていたが、周回ルートにしたかったので真教寺、県界に決めた。

麓から見上げると高く遠く感じたが、条件が良く時間をかければどんな山も登れることを再認識した。
ただ、残雪期でも真教寺側からは無理だと思った。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

槍ヶ岳 [2013年 山]

2013101114580000.jpg2013101115020000.jpg2013101115030000.jpg2013101115040000.jpg2013101115040001.jpg2013101115050000.jpg2013101115060000.jpg2013101115070000.jpg2013101115070001.jpg2013101115070002.jpg
2013年10月9日(水)〜11日(金)
9日(水)
新宿BT2300〜(毎日アルペン号)〜0510上高地BT
10日(木)
上高地BT0530〜0750横尾0800〜0845一ノ俣0850〜0925槍沢ロッジ0935〜1035水俣乗越分岐1040〜1135天狗原分岐1200〜1250グリーンバンド1300〜1350ヒュッテ大槍1350〜1410殺生ヒュッテ
11日(金)
殺生ヒュッテ0630〜グリーンバンド〜天狗原分岐〜水俣乗越分岐〜槍沢ロッジ〜0915一ノ俣〜0955横尾〜1205上高地BT1320〜1514松本駅1547〜(あずさ)〜1836新宿駅

天候(穂高、気象庁)
10日上高地晴れ、槍沢曇りのち雨
17.7℃(7時)
25.1℃(13時)
11日槍沢雨、上高地晴れ
17.5℃(2時)
28.3℃(14時)

槍ヶ岳山荘の気象観測データ
10日
5.6℃(3時)
8.3℃(11時)
11日
5.6℃(0時)
8.1℃(7時)

持ち物13.5kg(10.75kg+現地用の水2L+飲用0.75L)
(1)服
ゲームシャツ(長袖2)、ソフトシェル(オレンジ)、フリース(モンベル)、ダウン(ユニクロ)、タイツ、パンツ、靴下、帽子、手袋
(2)その他
ポール、膝サポーター、眼鏡、地図、コンパス、カメラ、テント、シュラフ(プロモンテ)、マット、銀マット(薄)、ストーブ、ホカロン3、ライト、トイレットペーパー、ロープ、タオル、ビニール袋(テント、ザック、ゴミ)、カッパ、ナイフ、酔い止め
(3)食料
フリーズドライ2、ラーメン、ドライマンゴー、カロリーメイト、ココア

服装
槍沢ロッジまではゲームシャツ(長袖)とオレンジ。槍沢ロッジからグリーンバンドまではオレンジを重ねた。殺生ヒュッテではゲームシャツ、ダウン、オレンジを着ていた。
夜は下だけカッパを重ねて寝た。
下りは殺生ヒュッテから岩小屋までゲームシャツ、オレンジ、カッパ。岩小屋でオレンジを脱いだ。明神からゲームシャツ。
タイツとフリースは着なかった。

食事
10日
朝:おにぎり1(自宅)、トマト、たくあん
一ノ股:おにぎり1(自宅)、トマト、たくあん
グリーンバンド:おにぎり1、たくあん
夜:おにぎり1、トマト、たくあん、味噌汁
11日
朝:ラーメン、トマト、たくあん
昼:カロリーメイト

費用
新宿BT〜上高地(バス7500円)
殺生ヒュッテ(テント500円)
ビール(500円×2)
上高地(風呂500円)
上高地BT〜松本駅(2400円)
ジュース、ビール、コーラ(1000円)
松本駅〜新宿駅(あずさ6710円、時間変更)
計19610円

その他
天気は良くなさそうだったが、今年は何度も計画を中止にしたし、今年最後の北アルプスだったので行ってみた。

登山者から翌日は雨と強風と聞いたので小屋に泊まろうと思い、大槍ヒュッテに行ったら、小屋閉めで終わったと言われた。
仕方ないので、殺生ヒュッテでテント泊にした。

殺生の小屋の人に槍ヶ岳山荘へは殺生ヒュッテ経由がいいのかと聞いてみたら、「そう」と言ってたけど、東鎌で行った方がいいんじゃないの?大槍ヒュッテは評判良いと聞いていたけど。小屋も殺生ヒュッテの方が立派なような。
殺生の小屋の人は親切に対応してくれた。問題なし。

トイレは大小に分かれていて、大は和式落下。きれいとは言えないが、あんなもんだろう。
ババ平テント場のトイレは木造簡易トイレで昔の山小屋のみたい。ここには泊まりたくない。

グリーンバンドより上は雲に隠れ何も見えなかったので、肩にも槍ヶ岳にも行かなかった。
キレットに行くときは槍ヶ岳山荘に泊まった方がいいかも。北穂高山荘に泊まるならなおさら。

台風による影響で気温が5℃くらい高かったから楽だった。一ノ股まで戻ると晴れてきて、明神岳も河童橋からの岳沢もきれいに見えた。
あずさからは南アルプスも富士山も雲がなかった。
明日から予報どおり3日間晴れ。あと1日ずれていたら。呪いあれ。

天気図を見ると、寒冷前線通過後に高気圧があるから12日は晴れると思ってたけど、稜線は雨や霰も降り風も強く寒かった模様。前線通過前後はやはり注意。強い寒気があれば吹雪になってたかもしれない。

大曲がりから先がもっと辛いと思っていたけど、そうでもなかった。ババ平からロシア人グループに会い、天狗原分岐で林檎の人と女の人に会ったことで気が紛れたからか。

風呂受付が12時半までと思っていたので、帰りの一ノ股から河童橋まで急いだ。3時間弱。ほぼ限界。

風呂に入る時に着替えを出したら濡れてた。濡れたテントからか、雨のせいなのか。工夫が必要。

上高地BT〜松本駅と松本駅発のあずさの接続がもう少し便利になって欲しい。
上高地線イメージキャラクターは淵東なぎさ。
次は林檎を持っていこう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

五竜岳 [2013年 山]

2013091118560000.jpg2013091118590000.jpg2013091119000000.jpg2013091119020000.jpg2013091119030000.jpg2013091119040000.jpg2013091119050000.jpg2013091119050001.jpg2013091119060000.jpg2013091119070000.jpg
2013年9月9日(月)〜11日(水)
9日
新宿BT1500〜(バス)〜1945白馬五竜(あうる)
10日(CT)
白馬五竜0815〜(リフト)〜リフト駅0845〜(1.20)〜0945小遠見山(1010中遠見)〜(1.20)〜1100大遠見山(西遠見1130)〜(2.30)〜1310五竜山荘〜(1.00)〜五竜岳(2814m)〜(40)〜五竜山荘
11日
五竜山荘0600〜(1.00)〜最低鞍部〜(1.30)〜0815唐松岳頂上山荘〜(20)〜0835唐松岳(2696m)0915〜(15)〜山荘0935〜(40)〜丸山〜(1.00)〜1110八方池〜(40)〜1150八方池山荘〜(リフト)〜白馬駅1438〜(あずさ26号)〜1836新宿駅

天候(白馬、気象庁)
10日曇り
最低気温15.7℃(6時)
最高気温24.2℃(12時)
11日晴れ
最低気温17.1℃(5時)
最高気温25.3℃(13時)

持ち物(11kg+現地用の水2リットル)
(1)服
ゲームシャツ(長袖、半袖)、ソフトシェル(オレンジ)、ダウン(ユニクロ)、パンツ、靴下、帽子、手袋
(2)その他
ポール、膝サポーター、眼鏡、地図、コンパス、カメラ、テント、シュラフ(プロモンテ)、マット、銀マット(薄)、ストーブ、ホカロン、ライト、トイレットペーパー、ロープ、タオル、ビニール袋(テント、ザック、ゴミ)、カッパ、ナイフ
(3)食料
おにぎり3.5、フリーズドライ2、トマト、ドライマンゴー、カロリーメイト、ウィダー

服装
五竜山荘までゲームシャツ(長袖)。五竜山荘ではダウオレンジを着ていた。
夜はすべて着てホカロン貼った。
五竜山荘から唐松岳はゲームシャツ(長袖)とオレンジ。しばらくしてからゲームシャツ。

食事
9日
夜:おにぎり1.5(自宅)、トマト
10日
朝:おにぎり1(自宅)、ラーメン、トマト
昼:おにぎり1、トマト
夜:五目おこわ、味噌汁、トマト、梅干し
11日
朝:梅わかめご飯、梅干し
昼:ラーメン

費用
新宿BT〜白馬五竜(バス4600円)
五竜宿泊(あうる3680円)
五竜テレキャビン、リフト(1100円)
五竜山荘(テント500円)
八方ゴンドラ(1400円)
みみずくの湯(500円)
白馬駅〜松本駅(あずさ2570円)、松本駅〜新宿駅(あずさ4220円)
ビール4本(1600円)
酒(600円)
コーラ(150円)
かき氷(300円)
オレンジジュース(180円)
バッジ(500円)
ジャム(630円)
計22530円

その他
あうるはバス停まで迎えに来てくれたし良い宿だったから、また機会があれば利用したい。

リフト駅から五竜山荘まで4時間20分。結果的に前泊する必要はなかった。でも、遅い到着だとテントを張る場所を選べなかった。

それなりに辛かったが重太郎新道に比べれば楽だったし、下るでなく登りを選んで正解。

もう少し晴れ間があると思っていたが、途中でたまに晴れる程度。山荘に着いてからはずっと雲の中で何も見えないので、五竜岳には行かなかった。

隣にテントを張った3人組に注意しなかったことを後悔。VITAを持っていけば良かった。

テント場は山荘の黒部側。トイレは男用2、和式2。

11日は朝から黒部側が晴れ、長野側が雲海。この状態が下山まで続いた。唐松岳山頂で会った人が、この辺は11頃からモヤが湧くと言ってたが、どちら側から湧くのか不明。
下山を始めてすぐに雲海の中へ。丸山からはまだ白馬が見えていたが、麓からは雲に覆われて上も曇っていると思わされる。北アルプスの夏の天気はこんなもんなのかも。

牛首の辺りが涸沢岳付近を思い出させたが、ストックを片手に通過できたくらいだった。
ただ、牛首から唐松岳までと唐松岳山頂から望む劔岳はきれいだった。
唐松岳山頂から白馬三山がよく見えた。

考えていた天狗山荘から天狗の大下り、不帰を経て八方を下るのはなかなか大変かも。

登りはコースタイムを短縮できるが、下りはCTが精一杯。五竜岳からの鹿島槍ヶ岳や穂高連峰の景色を見られなかったのが心残り。天気は悪くなかったので大キレットへ行っても良かったかもしれないが、今回のルートは前回延期した計画だったから、まぁいいか。

白馬駅近くの「みみずくの湯」に入ってかき氷を食べて、白馬駅からあずさで帰京。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

木曽駒ヶ岳 [2013年 山]

2013080308540000.jpg2013080308540001.jpg2013080308550000.jpg2013080308560000.jpg2013080308560001.jpg2013080308570000.jpg2013080309010000.jpg2013080308570001.jpg2013080309000000.jpg2013080309070000.jpg
2013年8月2日(金)

自宅0515〜0830菅の台バスセンター0840〜0910しらび平〜千畳敷0945〜乗越浄土〜1110駒ヶ岳1200〜1240乗越〜1250宝剣岳1300〜1310乗越1330〜1420千畳敷1520〜1610菅の台バスセンター1620〜2230自宅

天候
曇り一時晴れ
13.3℃(9時)
14℃(15時)
(駒ヶ岳、tenki山の天気)
14℃(15時20分千畳敷駅)

服装
キャラバン、コロンビア、ナイキグレー(長袖)、オレンジ(モンベル)、ダウン(ユニクロ)、カッパ

費用
レンタカー7500円
高速料金8650円
ガソリン3800円(25L)
走行距離500km
バスとロープウェイ往復3800円×2

その他
寒くなった時にオレンジを重ねた。帰りにゆーとろんに寄った。
下りのロープウェイは1時間待ちだったけど、バスもロープウェイも混雑というほどじゃなかった。最盛期ではロープウェイ4時間待ちもあるとバス運転士が言ってたけど。
二度目の千畳敷も雲に見舞われた。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

涸沢 [2013年 山]

2013052416030000.jpg2013052416040000.jpg2013052416050001.jpg2013052416080000.jpg2013052416080001.jpg2013052416100000.jpg2013052416110000.jpg2013052416120000.jpg2013052416120001.jpg2013052416130000.jpg
2013年5月23日(木)、24日(金)

23日
新宿BT2230(22日)〜0520上高地BT0535〜0825横尾0845〜1000本谷橋1010〜1200涸沢
24日
涸沢0630〜0730本谷橋〜0825横尾0845〜0935徳沢0950〜1030明神1100〜1140上高地BT1320〜1514松本駅1547〜1836新宿駅

天候(気温は松本)
23日快晴
最低気温11.6℃(2400)
最高気温25.7℃(1353)
24日快晴
最低気温8.8℃(0508)
最高気温26.8℃(1354)

持ち物(11kg+現地用の水2リットル)
(1)服
ゲームシャツ(半袖)、ソフトシェル(オレンジ)、フリース(モンベル)、ダウン(ユニクロ)、ノマド(モンベル)、タイツ、パンツ、靴下、ニット帽、手袋
(2)その他
アイゼン、スパッツ、ポール、膝サポーター、サングラス、眼鏡、地図、コンパス、カメラ、テント、シャベル、シュラフ(#1)、マット、銀マット(薄)、ストーブ、ホカロン、ライト、トイレットペーパー、ピンチ、ロープ、タオル、ビニール袋(テント、ザック、ゴミ)
(3)食料
フリーズドライ3、ドライマンゴー、カロリーメイト
(4)不携帯
カッパ、ナイフ、ラジオ、本、スプーン、帽子

服装
横尾まではフリース、横尾からオレンジに着替えた。涸沢ではフリース、オレンジ、ノマドを着ていたけど寒かった。
夜はすべて着てホカロン貼った。
帰りはノマドとフリースで本谷橋まで、本谷橋からオレンジ。

食事
23日
朝:おにぎり1、カロリーメイト
昼:おにぎり1、カロリーメイト
夜:涸沢ヒュッテ
24日
朝:ドライカレー
昼:ざるそば(穂高神社)

費用
新宿〜上高地(グリーンバス7500円)
涸沢(テント700円、夕食2500円)
明神(ざるそば600円)
上高地(風呂500円)
上高地〜松本(バス、電車2400円)
松本〜新宿(あずさ4350円)計18550円

その他
本谷橋から雪面。上り下りもアイゼンなしの人もいたが、往復とも履いた。スパッツ使わず。冬は寒冷地用のガスカートリッジが必要。今後、水は持参せずに売店裏の流しを利用。日焼け止めを忘れた。

昨秋の穂高縦走に比べると充足感がないが、雪の涸沢に行ってみたのでよしとする。

次の目標は雪の北穂高岳。ピッケル欲しい。ザイテンの左側を上る奥穂より涸沢小屋の右側を上る北穂の方が分かりやすい。でも、膝が何とかなるまで雪の北穂は難しいかも。

涸沢に着いてビール飲んで日向のベンチにいたら、急に気分が悪くなった。日陰に移動したら回復した。熱中症かも。

到着時には4張だったテントが夕方にかけて20人以上の学生軍団により増幅。19時から4時まで寝てたから気にならなかったが。

トイレ代は含まれるけど、テント代も夕食代も値上げした気がする。

夕食時に同テーブルの中年4人組が山自慢話を延々としていたので、さっさと食べて撤収。メインは鰯の缶詰めと豚カツで相変わらず冷たいおかず。これで2500円は高い。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

天狗岳2 [2013年 山]

2013041412000000.jpg2013041412010000.jpg2013041412010001.jpg2013041412010002.jpg2013041412030000.jpg2013041412040000.jpg2013041412040001.jpg2013041412050000.jpg2013041412060000.jpg2013041412060001.jpg
4月14日(土) 晴れ
茅野市/9時:4℃、12時:9℃、15時:13℃

唐沢鉱泉0810〜0940黒百合ヒュッテ0945〜1035東天狗1050〜1110西天狗1120〜1145奥庭〜1210黒百合ヒュッテ1220〜1340唐沢鉱泉

e.g.タイツ、コロンビア、ヒートテック、エクスペディション、イスカスパッツ、マウンテンダックス、帽子、サングラス
黒百合ヒュッテ以降はノマドも着た。
念のためユニクロダウン、フリース、カッパを持参した。風もなく暖かかったから不要だったが、日が射さず強風だとかなり寒そう。今日でも東天狗直下から耳が痛くなって帽子を被った。

数日前の降雪により歩きやすかった。アイゼンを履いて岩場を歩くのは難しい。バランスを崩す。急坂の下り、斜面のトラバースも難しい。6本爪だから岩とかに乗るとやじろべえみたいになるからか。

尖石温泉縄文の湯(400円)に寄って帰った。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

天狗岳 [2013年 山]

2013040419500000.jpg2013040419510000.jpg2013040419520000.jpg2013040419540000.jpg2013040419560000.jpg2013040419560001.jpg2013040419570000.jpg2013040419580000.jpg2013040419580001.jpg2013040419590000.jpg
4月4日(木) 晴れ
茅野市/9時:7.1℃、15時:18.5℃、18時:13.6℃

千駄ヶ谷0630〜0930唐沢鉱泉0940〜第一展望台〜1250第二展望台(撤退)1250『〜西天狗〜東天狗〜黒百合ヒュッテ〜(断念)』〜1500唐沢鉱泉〜1920千駄ヶ谷

e.g.タイツ、コロンビア、ヒートテック、エクスペディション、イスカスパッツ、マウンテンダックス
ユニクロダウン、モンベルソフトシェル、カッパを持っていったが、西尾根も風がなく予想以上に暖かかったので、服装はヒートテック、エクスペディションのみ。
ストックを使って登ると楽になった。6本爪は下りだけ履いた。
結構アイゼンは効いたけど8本か10本が欲しい。

絶好の好天だったが、第2展望台の手前で引き返した。唐沢鉱泉の西尾根から登らず渋の湯から登れば良かった。

第2展望台手前から腰まで踏み抜くことが多くなり、面白いのでそのまま進みたかったが、一人じゃなかったし事情を勘案して撤退した。

前日の雪でかなり積もった影響もあるとはいえ、非常に残念な結果となった。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

美ヶ原 [2013年 山]

2013020506510000.jpg2013020506520000.jpg2013020506530000.jpg2013020506540000.jpg2013020506550000.jpg2013020506560000.jpg2013020506570000.jpg2013020506580000.jpg2013020506580001.jpg2013020506580002.jpg
2013年2月3、4日(3日晴れ、4日吹雪)

3日
新宿駅0800〜1025下諏訪駅〜1210美ヶ原山本小屋1230〜1350王ヶ頭1420〜1600山本小屋

4日
山本小屋1300〜1440諏訪神社秋宮〜下諏訪駅1535〜上諏訪片倉舘〜上諏訪駅1744〜2011新宿駅

服装
3日は晴れてたので
ヒートテック、エクスペディション、パウダー、タイツ、ボード用パンツ、アルパイン、スノーシュー
4日は吹雪だったので
+ユニクロダウン

日曜泊だったので泊まり客は2組。予想より寒くなく雪も少なかった。期待しすぎた。
吹雪の中でしばらく立っていても寒くなかった。往復できる雪山程度ならパウダーの代わりに別のアウターで。そのうち雪山テントしたいけど、ホワイトアウトは避けたい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog
2013年 山 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。