So-net無料ブログ作成
検索選択
2015年 山 ブログトップ

槍ヶ岳(槍沢) [2015年 山]

2015102116440000.jpg2015102116440001.jpg2015102116450000.jpg2015102116460000.jpg2015102116470000.jpg2015102116480000.jpg2015102116480001.jpg2015102116490000.jpg2015102116580000.jpg2015102117000000.jpg
2015年10月19日(月)〜21日(水)

19日(月)
新宿BT2230〜(3列グリーンバス03D)〜0520上高地BT
20日(火)
上高地BT0545〜0820横尾0830〜0850一ノ俣0855〜0925槍沢ロッジ0930〜1030大曲〜1130天狗原分岐〜1200グリーンバンド〜1250ヒュッテ大槍1310〜1410槍ヶ岳山荘
21日(水)
槍ヶ岳山荘0700〜0820天狗原分岐〜0930大曲〜0940槍沢ロッジ0950〜1010一ノ俣〜1050横尾〜1400上高地BT1405〜1554松本駅1658〜(スーパーあずさ)〜1935新宿駅

Y予報値:槍ヶ岳
20日:大陸から日本海へ張り出す高気圧に覆われるため、晴れて、風も特に強まらない見込み。
21日:大陸から日本の東へのびる帯状の高気圧に覆われるため、引き続き晴れて、風も特に強まらない見込み。

10/20
06:00 晴れ、1℃、西北西8m/s
12:00 晴れ、6℃、西北西7m/s
18:00 晴れ、1℃、西北西6m/s
10/21
00:00 晴れ、2℃、西北西7m/s
06:00 晴れ、-1℃、西北西6m/s
12:00 晴れ、6℃、西北西7m/s
18:00 晴れ、2℃、西北西9m/s

天候(穂高、気象庁)
20日:上高地晴れ、槍沢晴れ
8.0℃(6時)
19.7℃(12時)
16.5℃(18時)
21日:槍沢晴れ、上高地晴れ
13.6℃(0時)
12.7℃(6時)
19.1℃(12時)

槍ヶ岳山荘の気象観測データ
20日
(06時)晴れ、-1.3℃、西北西10m/s
(12時)晴れ、5.4℃、北西6m/s
(18時)晴れ、2.4℃、北北西6m/s
21日
(00時)晴れ、1.7℃、北西4m/s
(06時)晴れ、1.3℃、北西4m/s
(12時)晴れ、9.2℃、南南西1m/s

持ち物7.7kg(6.2kg+現地用の水0.75L+飲用0.75L)
(1)服
エクスペディション、ゲームシャツ(長袖)、ダウン(ユニクロ)、ノマド、カッパ、ネックゲイター、冬パンツ、靴下、ニット帽、手袋(フリース、薄手)
(2)その他
ストック、膝サポーター、眼鏡、地図、コンパス、カメラ、ストーブ、ホカロン2、ライト(電池)、トイレットペーパー、タオル、ナイフ、酔い止め、ロキソニン、ビニール袋、6本アイゼン、空缶
(3)食料
手製オニギリ4、カップラーメン、カロリーメイト2、ソイジョイ、チョコバー、ウィダーインゼリー、コーヒー

服装
上高地から横尾まではゲームシャツ(長袖)、エクスペディション、ノマド。横尾から槍沢ロッヂまではゲームシャツ、エクスペディション。槍沢ロッヂからヒュッテ大槍まではゲームシャツ時々ノマド。ヒュッテ大槍からゲームシャツ、ノマドを着たが途中でノマドを脱いだ。槍ヶ岳山荘内ではストーブのある談話室でゲームシャツ、エクスペディションを着ていた。夜はゲームシャツとエクスペディションを着て寝たが、暑くてエクスペディションを脱いだ。

風が弱くて重ね着すると暑く、難しかった。上高地BTに降りた時はかなり寒くてエクスペディションも着たが、体が暖まってからはゲームシャツで良かったかもしれない。
下りは槍ヶ岳山荘から槍沢ロッジまでゲームシャツ、エクスペディション、ノマド。すぐエクスペディション脱ぎ、天原分岐狗からゲームシャツ。

ダウン、カッパ、アイゼンは使わなかった。ストーブのある談話室に寝るまでいた(1900)。消灯(2030)。
林檎とマンゴー忘れた。

食事
20日
朝:手製オニギリ1、味噌ニンニク
一ノ俣:手製オニギリ1、味噌ニンニク
グリーンバンド:手製オニギリ1、味噌ニンニク
ヒュッテ大槍:手製オニギリ半分、味噌ニンニク
夜:小屋食(1700)
21日
朝:小屋食(0600)
槍沢ロッヂ:チョコバー
徳沢通過地点:カップラーメン

費用
新宿BT〜上高地(バス8000円)
槍ヶ岳山荘(1泊2食9500円)
山荘(ビール500円)
徳沢(ソフトクリーム400円、ビール500円)
上高地BT〜松本駅(2450円)
ビール、オニギリ、サラダ、葡萄(1000円)
松本駅〜新宿駅(あずさ4480円→6900円)
計29250円

その他
槍沢ロッヂまで眠くてだるくて疲れて気力が湧かなかった。寝不足のせいか、酔い止めのせいか。ほとんど風もなく寒さはなかった。夕食はキッチン槍(16人収容)で2回だったから宿泊客は30人いたかどうか。テントは2張り。
往路でヒュッテ大槍に上がり東鎌尾根を1時間歩けて良かった。次回も上がりたい。北面に雪がついていたこともあり、中岳経由で天狗池には行かなかった。ヒュッテ大槍が小屋閉めしたからか、ほとんど道標がなかった。槍沢ロッヂ手前からいつもどおり親指が痛くなった。
上高地1425発のバスがあると勘違いし、あずさ発車時刻も間違えていた。あずさの時間を確認する暇がなかったからすぐに1405バスに乗ったが、結果的に1440で良かった。今回もあずさの予約を当日変更して通常運賃になってしまった。

ヒュッテ大槍で冬季小屋を確認したりゆっくりすれば良かった。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

高尾山 [2015年 山]

2015060212280000.jpg
2015年6月2日(火)晴れのち曇り

高尾山登山口1140〜1225高尾山山頂1230〜1250一丁平1305〜1410登山口

雪のない槍ヶ岳へ行く気にはならず、明日の天気も悪いから高尾山へ行った。
山頂から富士山が霞んで見えた。一丁平の手前を右に巻いて一丁平のトイレ裏に出た。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

唐松岳 [2015年 山]

2015032619060000.jpg2015032619070000.jpg2015032619070001.jpg2015032618460000.jpg2015032619090000.jpg2015032619090001.jpg2015032619100000.jpg2015032619110000.jpg2015032619130000.jpg2015032619130001.jpg
2015年3月26日(木)

天候(白馬、気象庁)
26日(現地:快晴)
-6.5℃(6時)
4.7℃(12時)

剱岳
26日:黄海から本州付近へ伸びる高気圧に覆われるため、晴れる。稜線では朝晩北西風がやや強いが、日中は落ち着く見込み。沢筋を中心に前日までの降雪による雪崩に注意。

3/26 06:00
晴れ、-12℃、北北西12m/s
3/26 12:00
晴れ、-7℃、北西9m/s

25日
新宿BT1020〜1530白馬八方(花乃郷)
26日
八方駅0810〜0910八方池山荘(1840m)0920〜1050丸山〜1140唐松岳頂上山荘1150〜1210唐松岳1300〜1330丸山〜1430八方池山荘〜1510八方駅
白馬駅1639〜1811松本駅1835〜2106新宿駅

持ち物8kg(7kg+水1L)
(1)服装
丸山までは
ヨーカドータイツ、ザムスト、ノースフェイス、ゲイター、エクスペディション、ノマド、薄手手袋、ニット帽、ストック、アイゼン、途中でノマド脱いだ
丸山を少し過ぎた所からは
ノマドを再着用、スキーグローブに変更、ネックウォーマー
唐松岳山荘からは
カッパ上下着用
下りの丸山からは
カッパ上、ネックウォーマー、アイゼンを脱ぎ、薄手手袋に変更
予備
カッパ、ダウン(ユニクロ)、ネックウォーマー、手袋(薄手)、着替え(半袖Tシャツ1、パンツ、靴下)

(2)その他
眼鏡、サングラス、地図、コンパス、カメラ、ライト、トイレットペーパー、ビニール袋(ゴミ)、ロープ、12本爪、ワカン、空缶

(3)食料
カップラーメン、カロリーメイト2、ソイジョイ2、ウィダーインゼリー、水筒(湯)、水500ml

食事
朝:カップラーメン、オニギリ2
途中:ソイジョイ
丸山:ソイジョイ
唐松岳:ウィダーインゼリー

費用
新宿BT〜白馬八方(バス4750円)
花乃郷(5600円)
夕飯(おひょっくり1000円)
ビール、つまみ(1000円)
ゴンドラアダム(1780円)
アルペンリフト(600円)
グラートクワッド(600円)
白馬駅〜松本駅(1140円)
松本駅〜新宿駅(あずさ4350円)
温泉(みみずくの湯600円)
ビール(みみずくの湯300円)
弁当、ビール(松本駅650円)
計21370円

その他
膝が痛かったが好天の冬日の最後の機会なので、行けるところまでを条件に決行した。翌日から下界の気温が20℃近くになり春となるので行って良かった。

ゴンドラアダムの運行開始は8時、アルペンリフトは8時15分、グラートクワッドは9時。少しは早めに動くと思ったが定時だったので40分待たされた。グラートクワッドの距離は短いので、始発のアダムに乗れば歩くのが吉。

丸山から風が強くなった。本当の強風で稜線は危険。上部の雪は粉雪だったが、午後の下のゲレンデはシャーベット。時々滑り降りたが、雪に埋もれてなかなかうまくいかなかった。来冬は西穂独標へ行きたい。

山頂の寒さと風でデジカメの電池が切れる。対策を講じないと。ロキソニンを飲んだからか、あまり痛みはなかった。これからも持参する。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

天狗岳 [2015年 山]

2015011422300000.jpg2015011422310000.jpg2015011422320000.jpg2015011422350000.jpg2015011422370000.jpg2015011422370001.jpg2015011422400000.jpg2015011422470000.jpg2015011422490000.jpg2015011507210000.jpg
2015年1月13日(火)晴れ

13日:冬型の気圧配置は次第に緩んでいき、上層の寒気も抜ける。このため、朝から晴れる見込み。ただ、まだ等圧線の間隔がやや狭く、蓼科山や北横岳では北西風が午前中強く、そのほかもやや強い。

赤岳
01/13 06:00
晴れ、-13 ℃、北北西15m/s
01/13 12:00
晴れ、-6 ℃、北西13m/s

レンタカー0500〜0830唐沢鉱泉0900〜(ナメ滝へ迷い30分ロス)〜中山峠〜1215東天狗岳1220〜1245西天狗岳1300〜1430唐沢鉱泉分岐〜1500唐沢鉱泉1530〜2000自宅

服装
中山峠までは
ヨーカドータイツ、ノースフェイス、ゲイター、エクスペディション、ノマド、スキーグローブニット帽、ストック
中山峠からは
カッパ上下、ネックウォーマー、サングラス、アイゼン、ピッケルを追加
西尾根の樹林帯に入ってから
カッパ上、ネックウォーマー、サングラス、アイゼン、ピッケルを収納
予備として
メリノウール、ユニクロダウン、バラクラバ、オーバーグローブ

食料
カロリーメイト、ウィダーインゼリー、スニッカーズ、お湯

その他
西尾根への橋を見逃して黒百合への橋を西尾根への橋と勘違いして、橋を渡らず直進しナメ滝方面へ行ってしまい30分ロスした。ラッセルの練習ということにする。
樹林帯は無風。頂上はさほど強くない。一番強かった東西のコルで10m/sくらい。また東天狗岳手前の岩に乗ってしまった。

素手での作業はできるだけ避けるべき。雪に濡れると即痛くなる。

西尾根の小ピークを過ぎたところでトレースが左右に分かれた。谷への右はどこへ向かうのか。コンパスで方位同定してたから迷わず左へ。
唐沢鉱泉分岐からは滑ったり駆け下りたりして30分で駐車場に着いた。雪道は上りも下りも楽。

駐車場までデミオFFスタッドレスで行けたが、上れない状況もあるのかもしれない。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog
2015年 山 ブログトップ
メッセージを送る